薦田典佳 | 負のスパイラルから抜け出す思考方法

薦田典佳 | 負のスパイラルから抜け出す思考方法

ポジティブ思考を身に付けるということはとても良いことです。

例えば、お気に入りのペンをなくしてしまったとき。

ネガティブな人は悪い面ばかり見ます。「なんて自分はだらしないんだ」「なんて自分は運がないんだ」と思いますがポジティブな人は「自分と縁がなかったんだ」「あれは私の持ち物としての寿命がつきただけだ」
と捉えます。

このようにどうしようもない事をネガティブに捉えずに、ポジティブな面を見ていく事はとても重要です。

ですが、ネガティブな方がいきなりポジティブシンキングを手に入れられるかというとそうではありません。まずは、段階を踏んで「ネガティブなことを考えすぎない」方法を学んでいきましょう。

ネガティブな人や夜寝る前に自己反省会をしがち

今日一日の失敗やダメだったこと、自分のできないシーン、上司に怒られたシーンなど、寝る前にふと頭の中に浮かび上がり、何度も何度もネガティブな体験を追体験してしまう方。

気分が落ち込んでしまい、なかなかねることができません。

ネガティブ気質の人は、過去の失敗や悪い体験を、頭の中で何度も繰り返し考えてしまう傾向が強いです。

そしてそのことによってまた、心が辛くなり、気分が沈んでいきます。

ポジティブな人に比べて心の切り替え方が下手であるといえます。

この時に有効な手段が「今」に心をチューニングする方法です。

頭の中がネガティブ一色に染まったとき、今この瞬間に心を引き戻しましょう。ネガティブなことを思考している場合の多くは、過去の体験や未来の想像に心が向いています。

今に集中する事でネガティブな状態から心を引き剥がす事ができるようになるのです。

今に集中する方法

今の、体の状態、空気、温度、場所などに思考を向ける方法です。

例えば布団の中でネガティブなことを思考している場合、今に集中するとこうなります。

「今、布団の上で寝ている。カーテンからその明かりが見えている。布団はぬくぬくしていて暖かい。遠くから微かに犬の鳴き声が聞こえてくる」

このように今の時分の状況を実況するのです。

そうすると心が「今」の状態に引き戻され、ネガティブな感情や思考から解き放たれるのです。

今に集中するために、掃除や料理なども有効です。お坊さんなどが修行で掃除をしたり、料理をしたりするのも、今ここに居るということを学ぶために行われる修行の方法だと言われています。

ですので、今ここに集中したいとき、ネガティブな感情にとらわれているときは、今目の前にあること、今の状態に集中をしてみましょう。

そうすることでネガティブな事に心を使う時間が減っていきます。